「鬼滅の刃」舞台新作が2021年夏上演決定!

未分類

吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガ「鬼滅の刃」の舞台の第2弾が制作され、2021年夏に上演されることが12月19日、分かったようだ。


2019年に上演された第1弾に続き、舞台「刀剣乱舞」や「TRUMP」シリーズで知られる末満健一さんが脚本、演出を担当し、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」シリーズなどの和田俊輔さんが音楽を担当する。


主人公の竈門炭治郎(かまど・たんじろう)役の小林亮太さんらキャストも続投する。


「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、鬼に変異した妹・禰豆子(ねずこ)を元に戻すために旅立つ……というストーリー。


原作は、2016~20年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、テレビアニメが2019年4~9月に放送された。

鬼滅の刃 1-21巻 全巻 セット コミック漫画 単行本


テレビアニメの放送と共に原作の人気も加速し、コミックスのシリーズ累計発行部数は1億2000万部を突破。


劇場版アニメ「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)が10月16日に公開され、公開から59日間で興行収入が302億円を突破し、邦画、洋画を合わせた歴代興行収入ランキング第2位となっている。


今後どこまで伸びていくのか、私自身とても気になっている。

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
みつなをフォローする
名古屋OL「みつな」のグルメと遊び情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました