【愛されたい方必見】素直になれない恋愛を卒業する方法とは!?

恋愛アドバイス

こんにちは!みつな(@mitsuna_net)です。


今回は素直になれない恋愛を卒業する方法というテーマで記事を書いていこうと思います。


私の友人といろいろ話をする中で、「なかなか素直になれないんだよね・・」という友人が結構多いです。


そういうタイプの人は、本音が言えなかったり、思ってもないことを言ってしまって後から後悔したり、それが原因で関係を悪化させていたり、苦しい恋愛をしている人が多いなという印象です。


こういった“素直になれない”という現象の根本原因は、結論から言うと【過去に身につけた価値観&恐怖心による防衛反応】です。


これらを1つ1つクリアしていけば恋愛においても素直になれて、相手と深い信頼関係を築くことができるでしょう。


今回の記事ではそんな素直になれない具体的な理由とその解決方法をお伝えしていきます。

素直になれない原因ー3つ紹介ー

そもそもなぜ、人は素直になれないのか、それについて一緒に考えてみましょう!


そこを理解することで、今まで素直になれなかった人も、少しは素直になれるかもしれません。


それでは、早速原因の1つ目から紹介していきます。

傷つくのが怖い

素直になれない人は傷つくことをとても怖がっています。


相手に合わせてしまったり、強がってしまったりするのは、もし本音を素直に表現したとして、それを否定されたら心が耐えられないからです。


おそらくは家庭環境や両親との関わりの中で、【素直に表現したら受け入れてもらえなくて傷ついた】という体験が幼少期の頃からあるのでしょう。


そういう、子供なりに傷ついた体験が積み重なって、“素直になって傷付くくらいなら本音を出すはやめよう”と学習したわけです。


その結果、大人になってもその価値観が消えず、特に恋愛においては相手との距離が近くため、その価値観が浮き彫りになります。


子供の頃に身につけた心のバランスを保つための生存戦略みたいなものです。


これはこれで大切な機能なので、素直になれないこと自体をあまり否定はしないでくださいね。


続いて2つ目を紹介します。

嫌われたくない

恋愛で素直になれない人は相手に嫌われたくないという強い想いを持っております。


だから自分の魅力で勝負するというよりは【相手はどんな人がタイプなんだろう?】という基準で、自分をそこに合わせようとするわけです。


そうなると、本来の自分と相手のタイプが異なった時、無理して相手の望む像を演じるので、本当の自分が表現できなくなります。


すると、素直さからはどんどんかけ離れていき、自分の想いは押し殺してしまうわけです。


続いて3つ目を紹介します。

本音が分からない

相手に合わせたり、自分の本音を隠し続けていたりすると、そのうち自分が本当はどうしたいのかすら分からなくなってきます。


この段階にくると自分の意志で決めたことでも、どこかモヤモヤしたり、イライラしたりすることが増えてくるんです。


しかし、自分で何でモヤモヤしてるのかが分かりません。

  • 本当はどうしたかったのか
  • 相手にどうしてほしかったのか

を相手に伝えることもできないんです。


でも、感情的には嫌な感じがするので、心にもないことを言ってしまったり、相手を困らせるような態度を取ってしまったりします。


そうして後から『あんなつもりじゃなかったのに・・・』と後悔するわけです。


次に、素直になれない人の3つのタイプをご紹介します。


なかなか素直になれない人は、自分自身に当てはめて考えてみてくださいね!

あなたはどれ?素直になれない人の3つのタイプ

素直になれない人にも3つのタイプがあり、全てが当てはまる場合や、どれか1つの傾向が強い場合もあります。

あなたもぜひチェックしてみてくださいね!

予防線タイプ

このタイプは自分が傷ついた時のショックを減らすために予防線を張ることで心の安定を保ちます。


特に相手との温度差がある時などには発動しやすくなり、通常は自分の方が強く惚れてしまっている時に発動しやすくなります。


要は惚れ込むと自分の立場の方が下になるわけで、相手に振り回されて傷つくのが怖いんですよね。


また、どんどん惚れ込むと、もし振られた時のショックが大きくなるので、好きにならないようにブレーキをかけようとします。


その結果、本当はもっと近づきたかったり、もっと関係を深めたかったりしても素直に表現せず、強がったり、多少不満でも平気なフリをしたりして心の安定を保とうとするわけです。

相手に合わせるタイプ

このタイプは嫌われることを恐れて本来の自分をとことん隠し、相手に合わせます。


行動の選択基準は全て【相手が何を望んでいるのか】であり、相手が望む像を演じて、それがあたかも本来の自分のように振る舞うわけです。


自分から何かを決めて行動することは無く、あくまで相手の様子を見て決めます。


だから、恋愛においては凄く疲れやすく、ストレスも非常に溜まりやすくなり、付き合っても直ぐに終わることも多いです。

論破タイプ

このタイプは素直な想いが言えなくて、その結果として不満をぶつけてしまいます。


自分の主張がいかに正当であるかを相手に認めさせようとするんですよね。


その結果、口論となってケンカになりますが、その後に『こんなつもりじゃ無かったのに…』と、後悔するわけです。


【売り言葉に買い言葉】というのがありますが、まさにこんな感じになります。


これも結局は本音を伝えて否定されるのが怖いから、理論武装して相手をねじ伏せようとしているんですよね。


ただ多くの場合、理論武装で相手をねじ伏せたとしても本当に伝えたいことは相手に届かず、相手には不満しか残りません。


すると本当はもっと距離を近づけたいはずなのに、力で相手をねじ伏せる度に心の距離が離れていってしまうわけです。

受け身になるから余計に不安が増す

素直になれないと基本的には受け身になりますよね。


自分の素直な想いを伝えることができないので、「〜してほしいな」「〜してくれないかな」と期待をします。


だから何かにつけて見返りを求めた行動になるんですよね。


そしてこの期待というのが非常に厄介で、人って期待を裏切られた時に怒りや不満が一気に増幅するんです。


すると、恋愛において相手が自分の期待通りに動いてくれることなんて少ないので、ストレスがすごく溜まる恋愛ばかりになります。


本音は言わないのに、自分が勝手に期待し、自分が勝手に不満を溜め、それを相手にぶつけていく・・


これをやってしまうと、どんな相手と付き合っても上手くいきません。


大切なのは少しずつでも良いので、素直な想いを伝えてみるということです。


そんなに怖がらなくても案外平気ですよ!


もし、素直に想いを伝えただけで関係が簡単に崩れるような相手なら、それはどちらにせよ長く付き合っていける相手ではないので早く別れて正解です。


期待と不安が中心の恋愛から信頼と一体感が中心の恋愛に変えて愛自体をもっと楽しみましょう!

素直になれない自分だからこその魅力もある

これまで素直になれないことのデメリットばかりお伝えしてきましたが、実は素直になれない人にも備わった魅力というのがあります。


それは相手を観察する力や、気持ちを察する力です。


素直になれない人は自分の本音が言えないので、普段から「相手はどう思ってるんだろう?」というのを観察しています。


そうやって人の態度や表情や雰囲気を考慮しながら、何とか自分の期待通りにならないかをあの手この手で模索するわけです。


そして、この人の気持ちを察する力というのは物凄く貴重で、人間関係を構築する上では非常に役に立ちます。


なぜなら、相手の気持ちが分かったら、下記のことができるようになります!

  • 不安を取り除いてあげる
  • 背中を押してあげる
  • 勇気付ける
  • 気を利かすことができる
  • 相手の本音を引き出す
  • 悩みの解決のお手伝いができる

ほら、なんだってできるじゃないですか!✨


そんなことを相手に与えることができたら信頼関係は構築しやすくなりますし、あなたは物凄く魅力的に映ります。


結局の所、この観察力や気持ちを察する能力を、

  • 自分の期待を他人に押し付けるために活用するのか
  • 相手の役に立つために活用するのか

その差で結果は全然変わってきます!


素直になれない自分はダメなのではなく、その素晴らしい能力の活用法を間違えているだけなんですよね。

素直な自分になるには

では、どのようにすれば素直になれるのか、そこが気になる方もたくさんいらっしゃると思うので、その具体的な方法を一緒にみてきましょう!

何を怖がっているのかを明確にする

素直になれない背後には必ず何かに対する恐怖心があり、そのせいで素の自分が出せなくなっています。


だからまず最初に【自分は一体何を怖がっているのか】を明確にする必要があるわけです。


そしてどんな恐怖心であれ、その全ては過去による影響を受けているだけなんですよね。


過去に素の自分を出して傷ついた体験が心の奥底に残っていて、それらが今の自分にも影響しているわけです。

  • ワガママを言うといつも両親に怒られていた
  • 両親は共働きで自分は良い子にしてないと構ってもらえなかった
  • 母子家庭で母親の顔色ばかり伺って生活していた
  • 学校で仲間外れにされていた
  • ただ思ったことを表現しただけなのに周りからバカにされた

などなど、他にも色々とあると思いますが、このような体験の中で傷ついた感情とセットで脳内に根深く記憶されているんです。


つまり何が言いたいのかというと、その恐怖心は単なる過去の記憶であり、今の自分とは何の関係もないんですよ。


だから今素直になれなくても、その恐怖心はただの記憶ですし、相手も状況もその当時とは全然違いますよね?


だから今回も同じ結果になるとは限らないんですよ。


素直になれない時は是非そう思ってください。


そのためにもまずは【一体何に対して恐怖心を抱いているのか】を明確にし、根本を見つけたら“所詮は過去の記憶にすぎない”と考えるようにしましょう。

相手に目を向けてみる

素直になれなくて悩む時って、ほとんどの場合が「自分の願望を伝えるにはどうしたら良いか」というのが背景にありますよね。


そして自分の素の想いは表現しないけれど、あの手この手で気づいてもらおうと頑張るわけです。


でも、これって相手に自分の思い通りに動いてもらうためにコントロールしようとしてますよね。


つまり、自分視点のみの発想で、そこに相手を思いやる気持ちが無いんです。


だから素直に思いを伝えない割には相手が期待通りに動いてくれないとイライラしてしまいます。


こう考えるとだいぶ自分のエゴ丸出しだと思いませんか?


【素直になれない自分だからこその魅力もある】のパートでもお伝えしましたけど、素直になれない自分だからこそ磨かれた魅力もあるんですよ。


だって素直になれない人は自分の本音が言えないので、普段から「相手はどう思ってるんだろう?」というのを観察していますよね。


その、人の顔色を伺うクセによって身につけた【相手を観察する力・気持ちを察する力】は素晴らしい武器なんですよ。


その力を自分のエゴを押し通すために使うのか、相手のお役に立つために使うのか、その差で全く違うものになります。


素直になる、ならない・・というのは一旦脇に置いといて、その相手の気持ちを察する能力を、恋人を

  • 元気づけるため
  • 相手の背中を押すため
  • 悩みの解決の手伝いをするめ
  • 本音を引き出すため

などに活用して欲しいです。


そうすると【素直になる or ならない】の次元ではなく、もっと高いレベルで人間関係が良くなっていきます。

まとめ

恋愛において素直になれない原因って、元を辿ると過去の記憶による自分を表現する恐怖心です。


そこさえ乗り越えれば少しずつ素直な自分を出せるようになってきます。


そのためにはまず、自分の内側だけでなく外側にも目を向け、「相手の役に立てるように・・・」そんな意識で接してみてください。


素直になれない人は観察力や人の気持ちを察する力に長けているので、その能力を相手のために活用してみると必ず良い方向へ変わってきます。


ここまで読んでいただきありがとうございます。


今までの自分を振り返ってみてどうでしたか?


本気で、素直になれない恋愛を卒業したいと思う人は、さっそく今回の内容を実践していきましょう!


物事は全て行動ベースで考えるようにしてください。


知識は使って(行動して)こそ意味をなします!


今回も、直になれない恋愛を卒業する方法について大切なことをまとめておいたので、よかったら見ておいてくださいね🌟

【素直になれない3つの原因】
・傷つくのが怖い、嫌われたくない、本音が分からない

【素直になれない人の3つのタイプ】
・予防線タイプ、相手に合わせるタイプ、論破タイプ

・素直になれないからこその魅力
相手を観察する力・気持ちを察する力

【素直な自分になるには】
・何を怖がっているのかを明確にする
・相手に目を向けてみる

以上です。


今回も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。


ではまた、次の記事でお会いしましょう(。・ω・)ノ゙

コメント

タイトルとURLをコピーしました